●可愛い『クラゲライト』、100均LEDライトでクラゲのカバー作り

●ウDSC06469

●ウDSC06475

100均ダイソーで売ってる電球型LEDグラデーションライトに、可愛いクラゲのカバーを付けてみました。クラゲ大好きなもので。カサはピンポン玉を切り、脚はファイバークラフト紙です。上のポッチを押すと光ります。光が変化して、とってもキレ―(♥っ♥) こんな感じ↓

●ウDSC06476 ●ウDSC06485

《材料》 ●ダイソーLED電球ホルダー グラデーション ●ピンポン玉 白1個 ●ファイバークラフト紙少々 ●カラーペン

分解すると以下に↓(分解、というにはおこがましいですが…)

●ウDSC06489

●ウDSC06490

①ファイバークラフト紙を電球をぐるりと1周か2周し(好み)、包み込む大きさで切ったら縦に切り込みを入れて先端を丸くカットする。ペンでクラゲっぽい模様も描き入れてね。作品の模様はちょっとタコってますが(^^:)ゞ ファイバークラフト紙は透過性のある丈夫な紙です。水につけると柔らかくなり自由に形作ることが出来ます。このクラゲ脚も、しごいて丸みをつけてます。お家で楽しむぶんには画用紙でもОK。

●ウDSC06491

②電球の金属部分の周りに、はじめと巻き終わりをセロテープで貼ればOK。

●ウDSC06493

③ピンポン玉は正式なしっかりしたものではなく、ダイソーの玩具っぽいのが少し柔らかくて加工しやすいです。真ん中に十字にグサッと切り込みを入れて、そこからハサミでジョキジョキ切れます。ちょうど半分ではなく赤道(?)から5ミリくらい下で切ってね。真ん中に直径5ミリくらいの穴を開けます。ドリルの刃だけを直に手で回して開けると簡単。電球のポッチ(スイッチ)に差し込んだら、最初にはずしたリングを元通りに通して出来上がり!

そういえばカサに模様を描いてもピンポンの材質上、こすれて消えてしまいました。小さな穴とか模様っぽく開けるときれいかもです。ピンポン玉がなかったらガチャ玉の片割れでも出来そうですね。カサが大きくなったら脚を長くしてみてください。…今度オレンジ色のピンポン玉で「メンダコ」作ろうかな。(^-^*)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です