「生徒さんからのお手紙」を載せました。

「作る教室に入って、ダンボールのしゅるいや、作品などを知りました。ダンボールを使った遊びやぎじゅつも知りました。今まで作った全部の作品はとてもすごい物になりました。今までありがとうございました。」

小学4年生男子からのものです。ほかにもいろいろな感想がたくさんあります!「教室のご案内」→「生徒や保護者の皆さまからの声」をご覧になってください。

埼玉近代美術館の「モマスのとびら」、『みーっけ!』を行って来ました。

   

先日の土曜日、埼玉近美の未就学児対象の「みーっけ!」を行って来ました。テーマは「フワリつばさで鏡の国へ飛び立とう!」です。このワークショップの特徴は窓ガラスに断熱シートを貼って鏡面にして、そこへ1枚だけ作ったつばさを貼り付けると、両翼になって浮かんで見えるっていうものです。最初はトイレの鏡はどうでしょう?というところから始まったのですが、狭いし男女が同時に入るわけにもいかなくてボツに。

この断熱シートによる鏡面の長さは左右6メートル!28人分のつばさが並んでとても壮観でしたよ。

つばさで飛ぶ、ということのイメージを膨らませてもらうために、飛んでいる鳥の写真を見せたり、紙飛行機をみんなで飛ばしたり!4才~6才のお子さんだけでしたが、作り始めたら保護者の方々が夢中になって魅力的なつばさをデザインしてた。それに刺激されて子どもたちもどんどん作る作る!自由に作れてのびのび楽しそう!用意していた材料が足りなくなるほど、貼りまくってました。

仕上がったつばさを鏡面に貼ると、「わあ!きれい!飛んでる飛んでる!」子どもたちは大喜び!子どもたちは下から見上げながらみんなのつばさを観賞しました。つばさの向きは自由なのであちこちにむかって飛んでいくような感じでした。

第3回「あそび先生」ステップアップ研修で 『ガサゴソボックス』のワークショップを行いました。

   

2019年2月9日、さいたま市内某小学校体育館にて『第3回「あそび先生」ステップアップ研修』が行われました。様々な内容のワークショップブースが10以上も並び、子どもたちは170人ほど、また多くの教育関係者、視察の方々も参加された大イベントでした。行ったのは、「ガサゴソボックス」。「明後日朝顔」会員の一人として参加しました。

紙がこすれ合ってガサゴソカサコソ音がする。。。ものが発するつぶやきみたいなささやかな音に耳を澄まして、楽しんでみよう!という工作です。ティッシュ箱はパタパタ開閉出来るようにあらかじめ切り込みを入れてあります。

いろんな内容のワークショップの中にあって、ちょっと異色(笑)でしたが、子どもたちは「あ!楽しそう、作りたい!」という感じで抵抗感無し。よかったー!(^^;;)つっ

みんな夢中で作ってガッサゴッソガッサゴッソやってました。こういう風に作らなくちゃだめっていうのは無くて好きなように作れる工作って、子どもが出入り自由の大騒ぎの中でもちゃんと存在感があったような気がする。笑

およそ3時間で60人の子どもたちが作ってくれました。そしてどのブースも大盛況の素敵なイベントでした!

 

先日、某小学校でパズル工作『くぐって外そう、動物ひもパズル』を行いました!

この小学校では毎年パズル工作を楽しみにしていただいております。今回は『くぐって外そう、動物ひもパズル』を楽しく作りました。この原案はパズルの名作「チャイニーズリング」(※九連環ともいいます)をアレンジ。動物の足にかかったひもを外したりかけたりしてあそびます。

段ボールで構造が出来たら、茶色や黄色の馬、ペガサス、イヌやネコ、中には建物、エレベーターなどに見立てて自由に色塗りを楽しみます。そしていよいよ!

本来は9つの輪を3つの輪にしたので解き方はそこそこ簡単に。動物の足もとや建物にかかったひもをあちこちくぐらせて外します。偶然外れたのは解けたことにはなりません。「外す、かける」を何度かスムーズに繰り返せたらОK!!出来ても出来なくてもぜんぜん楽しい!ひもがからまったり、教えっこしたり、こっそり「外し方教えてー」と来る子どもも。みんな夢中でひもをくぐらせていました。あそばない時は飾って楽しんでね!

今日は雨で寒いほど。昨日仕上がった「羽ばたく鳥」のご紹介です。

 

翼を支えているVの字状の紙芯を上下させるとリアルにパタパタ羽ばたきます。翼の左右は45センチほど。置いて楽しむタイプ。小3の女の子制作です。

好きな動物は鳥、と言っていたからやはりデザインが魅力的で作りも丁寧です。切り込みを入れた羽の表現や顔がかわいい!3時間ほどで仕上げました。

皆さま、こんちには。2018年4月ころの教室の様子です。

ブログ更新、だいぶ日が開いてしまいました。指導を行っております加藤典子です。

最近の教室の様子です。自宅の10畳くらいの部屋で行ってます。こうして見るとあちこち工作素材があふれてますが、一応所在は把握しておりますので、だ、だいじょうぶです。いつもだいたいそれぞれがバラバラの内容と進行で制作しています。

手前の女子の作品は「マイタウンジオラマ」工作です。

夏休みは恒例の「夏休み集中造形教室」を行います。1回2時間の出席で4回(8時間)~8回(16時間)ほどかけて集中して一つの課題を仕上げます。通常の教室は行いませんので集中造形教室で作品を仕上げましたら、そのお子さんは2学期まで教室はありません。

現在教室では、バトン絵本(前の人の物語の、続きの絵とお話を創作して描く)、スネークキューブ(超ムズパズルの一種)、ボトル工作(プラスチックボトルの中に好きなものを閉じ込める工作)、腕輪工作(大きな腕輪に好きなものを工作して腕にはめる)などなど互いに影響し合って制作しています。

造形教室をお探しの皆さま!

(*^|О|^)≪2時間無料の体験教室、夏休み前にいかがですかー!お電話いつでもお待ちしています!

「プラザイースト」での造形教室展示の様子です。

%e2%98%852%e3%82%a6%e3%80%80dsc_2538 %ef%bc%91%e3%82%a6%e3%80%80dsc_2510 %e2%98%85%ef%bc%93%e3%82%a6%e3%80%80dsc_2498

一枚目の彼は中学3年までデッサン指導。そして東北芸術工科大学に見事合格したとのこと。作品展見に来てくれました!

2枚目は「名前立国」と「海中ジオラマ」。3枚目手前は不要になったプラスチック類を何かに見立てるという教室としては初めてのもの作りです。櫛のトンボ面白い!4枚目はちょっと観覧者が多い時のスナップ(;^^)です。

「名前立国」、「プラスチック見立て」、「家庭内ポスター」等の新作も展示が間に合いましたし、ご覧いただいた方々からは「色がきれい!」「テーマが面白い」「こどもの発想をうまく引き出している」「時間をかけた密度ある内容がよい」など大変うれしいご感想をいただきました。

これを励みに、次回の作品展を目指して、またぼちぼちと行きたいと思っています。皆様ありがとうございました!

%e2%98%85%ef%bc%97%e3%82%a6%e3%80%80dsc_2542

2枚目の「家庭内ポスター」、「きれいな森を~」のご紹介です。

●ウDSC_0569 「きれいな森を守ろう!」3年生男子の制作です。普通の虫や植物だけじゃなく、オリジナルの生き物たちが訴求力大!以下に皆様からのご感想、コメントをご紹介します。

●《生徒の皆様からの感想》●

●いろいろな動物や植物があって、にぎやかでおもしろいなぁと思いました。このいろいろな動物や植物がいなくなると、にぎやかではなくなってしまうので、私も森を守ろうと思いました。●トンボ大好き 小さなお花とキノコかわいい ●こまかいところまで、描いてあってすごい ●見たこともない生き物がすごい ●虫がカラフルで楽しい ●いろいろな大きさの生き物がいておもしろい ●木にキノコがはえていて、私には想像も出来ない絵だと思う ●見たこともない生き物がいておもしろい ●この絵から、もっと森林を守ろうと思った ●リアル ●いろいろな生き物がいていい ●自然の森にしては大胆過ぎないか ●いろいろなストーリーを考えられてかっこいい ●リアルすぎる

■《保護者の方からの感想》■

■とても細かく丁寧に生き物達が描かれていて色合いも素敵でした!E.F ■虫や動物たちがたくさんいるきれいな森。風の谷のナウシカを思い出しました。私たち人間が汚さないよう守って行きたいね。■このポスターを見たときに「ナウシカ」の森を守るムシたちを連想しました。「ナウシカ」では人間たちの文明が森を壊してしまうのですが、そうならないように、森を守らないといけませんね。あらためて、そう感じさせてくれました。■たくさんの動物や虫たちが生き生きと描かれていて良いなと思いました。 ■描かれた生き物が多種で驚きました。ブランコの様な水色の植物に巻き付いた植物、赤いきのこ、山菜なども細かく描かれていますね。森をきれいに守って、描かれている生き物たちに会いたいと思いました。■用紙いっぱいにたくさんの生き物が描かれていて、元気があって、とても素敵な絵だな!■絵に描いてある生物を1つ一つ一つ説明してもらいながらながめると、生き延びた古代生物の森に見えてきました。きれいな水や空気が感じられるような絵です。■大人には見えない?動物(生き物)たちがたくさん描かれていて、考える力、それを絵に描ける力、とても素晴らしいと思います、M.H ■たくさんの生物たちがいて楽しそうにのびのびと暮らしている自然。“きれいな森を守ろう”っていう感じがとてもよく表現されている絵ですね!!■生き物や植物の命がのびのびと描かれていて、とてもすてきな森だと思いました。青と緑の地球を人間は大切にして、ずっと守っていかなくてはいけないな、と思わせて、考えさせてくれるポスターでした。S.Y ■この森へ行ってみた~い。この昆虫、生物?!たち、絶滅品種の危機にあるのかなぁ~ ■いろいろな時代の生き物が共存している感じ、楽しい絵ですね ■“きれいな森”の内容が一般的にはちょっとグロテスクな生き物で我が子らしいと思った ■ちょっぴり不思議な生き物の住む森。何も知らずに山菜採りにこの森へ踏み込んだら不思議な世界のとりこになりそう! M.I

 

人魚姫が泳ぐ作品が、一連の海中ジオラマ工作のラストを飾ります。

●ウDSC_0726 ●ウDSC_0721 これはもう、海中パラダイス!★の輪をくぐる人魚姫に目が釘付け。リュウグウノツカイがリアルで神秘的ね!ビックリ箱から飛び出すイヌや、バナナをかかげたサルもいる夢のような世界です。

人魚姫が一番手が込んでいるよ。紙粘土で各部別に造形、各部の接着、色塗り1回目、紙のウロコ貼り、リボン、腕輪の装飾、色塗り2回目、★の輪にバランスよく吊り下げる、っていう感じです。★は最初は宝箱(後にびっくり箱に変化)に入っていたけど派手に塗り替え、リングの形につなげました。というように、進めながら、最初の意図とは違う、よりよい方向でまとめることも多々ありましたね。

長い時間をかけたことにより、泡のように記憶から消える工作ではなく、心のどこかに強い印象を残したのではないかと思っています。6年生女子の作品です。

4分の1円ですので、他の3作品と合わせて全円になります。その様子はまた後日、ということに(^皿^)/。

さあ、そろそろ1学期も終わりですね、今年の夏休み集中教室について練り始めていこうと思っています。