かわいいマリモがこんなにいっぱい。

●ウDSC06919チャレンジスクールの「マリモ工作」に向けて、マリモをたくさん保留中。マリモって花咲かない、紅葉しない、1年で直径5ミリくらいしか大きくならないけど、その静かなたたずまいには究極癒されます。

植物といっても「藻」なので、手入れをちょっと忘れても、地上系(^^:?)の植物みたいにうなだれる(不平不満を形であらわす)ことなく、じっと水の中で待っててくれます。時々ビンをグリグリ回して「ごめんごめん、水、入れ替えるね」みたいな感じの対応を月2くらいでぜんぜんオッケーです。いろいろ植物育てて来ましたが、多肉植物やサボテンより簡単。サボテンは水やりのタイミングが難しくて何度枯らしたことか。その点、手入れそこそこでも、いつも同じ状態で静かに生きている、ということはほんとに心強い(^^:)癒しの形態ではなかろうかと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です