埼玉県立近代美術館での美術系高校「作品展・卒業制作展」、スゴ過ぎ!

巨大な絵画に圧倒され。この頃って結構残酷系に魅かれるみたい。なんなんだろう、口元から血がダラリとか、鮮血色満載とか。美術表現の反抗期、みたいな。おとなしいけど、ホントの私はこんな感じ!っていうのは美術系人間としての自分の道筋をたどるとわかる気もする。どんな内容であろうと、ふるえるような繊細な感性を思い切ってさらけ出そうとする覚悟には、今更共振した。

●ウDSC_0375 ●ウDSC_0370テラコッタによるキツネ風作品、タイトル「5分前」。うちの造形教室で図抜けた造形力を発揮していた少年の、「今」の作品。難しい衣のひだをよくぞここまで!いや~、こんな感じに成長して行くんだなぁ、と感慨深く。なんの「5分前」か、各自考えてね、というようなインスタレーション(空間全体がアート作品、見る人を巻き込むなどという意味の美術用語)のアイデアとしても面白いのではないか、とか。展示会場はもっともっと広く、5校の作品がひしめき合ってました。

どうってことない日常をゆさぶってくれた、高校生の情熱に、ありがとう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です