人魚姫が泳ぐ作品が、一連の海中ジオラマ工作のラストを飾ります。

●ウDSC_0726 ●ウDSC_0721 これはもう、海中パラダイス!★の輪をくぐる人魚姫に目が釘付け。リュウグウノツカイがリアルで神秘的ね!ビックリ箱から飛び出すイヌや、バナナをかかげたサルもいる夢のような世界です。

人魚姫が一番手が込んでいるよ。紙粘土で各部別に造形、各部の接着、色塗り1回目、紙のウロコ貼り、リボン、腕輪の装飾、色塗り2回目、★の輪にバランスよく吊り下げる、っていう感じです。★は最初は宝箱(後にびっくり箱に変化)に入っていたけど派手に塗り替え、リングの形につなげました。というように、進めながら、最初の意図とは違う、よりよい方向でまとめることも多々ありましたね。

長い時間をかけたことにより、泡のように記憶から消える工作ではなく、心のどこかに強い印象を残したのではないかと思っています。6年生女子の作品です。

4分の1円ですので、他の3作品と合わせて全円になります。その様子はまた後日、ということに(^皿^)/。

さあ、そろそろ1学期も終わりですね、今年の夏休み集中教室について練り始めていこうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です