「羽ばたく鳥工作」、を行って来ました、ちょっと前ですが…

シルバーウィークのおかげで、滞りがちだったブログをぼちぼち書き込む余裕が出て来ました…。

教室の皆さんの中にはすでに作った人もいますが、夏休み中の8月20日と21日に「浦和スポーツクラブ」さんの一室をお借りして、「羽ばたく鳥工作」を行って来ました。この「羽ばたき鳥」はもともと木製で作られたもののようですが、紙工作でも楽しめるようにアレンジしてみました。つるした紐を引っ張るとツバサが優雅に羽ばたきます。鳥と言えばやっぱり「青い鳥」かなぁ(^-^)と思いまして、自宅の玄関にも「小さな幸せで結構ですから」という思いを込めて飾ってみました。時々引っ張っては、幸せおいでおいで、と念じてはいるのですが…(´。`;) 

この工作はなんと言ってもバランスが命。飾りの色紙の貼り方によって頭が下がり過ぎたり、尾羽根が下がり過ぎたりとなかなかビミョーです。工作予定日も近づき、このビミョーなバランスをどうしようかと悩んだ結果、「…う~ん、油土でも詰め込むか!」という、悩んだわりにはマットーな答えにたどり着いて、なんとかこの点はクリアー。ところが!工作の日に実際に作ってみたら油土を詰め込むほどバランスを崩す人もいなくて、結局取り越し苦労に終わってしまいました。こういうことって毎回フタを開けて見ないとわからないですね(´u`;)

それはそうと、赤い色って男の子(男性)が好む色なんですよ。え~?女の子なんじゃあ?と思うでしょ。女の子は真っ赤は敬遠しがちです、どっちかって言うとパステル系ですか。男性の好きな真っ赤なスポーツカーなんかはまさにその象徴といわれてます。今回男の子が多いとのことで青、赤、黄と3色用意した鳥の色も、「赤、ケッコー行くかな」と踏んでいたのですが、…まあフツーに青が多かったです、すみませ~ん、赤にまつわるお話はなんだったのかと(´∀`:)ゞ。 色を塗ってからも厚塗りし過ぎてツバサが反ってしまったのをドライヤーで乾かしたりと、バタバタしながら(鳥だけに…)進行、最後にツバサをタコ糸で吊り下げ、引っ張る紐も付けて完成しました!参加してくれた皆さんにも大きな笑みがこぼれてよかった、よかった!(T▽T) 

お手伝いしていただいた浦和スポーツクラブのやさしい皆様、本当にお世話になりました。サポートなしでは成り立たないと思ってます。ありがとうございました!一生懸命作ってくれた皆さんにも感謝!!たまには、引っ張って見てね!

“「羽ばたく鳥工作」、を行って来ました、ちょっと前ですが…” への1件の返信

  1. 井口 洋子

    鳥の工作を、支援学級に通う小学校二年生の息子に学校で作らせる為に、色々と検索しましたが。これが一番気に入りました。
    よろしければ、レシピを教えて頂けませんか?
    ちなみに、息子は現在、登校拒否後にやっと学校に行き出したのですが。
    教室には入れず、別室を用意してもらいそこで大好きな工作を作っています。動物の工作の本ですべて作り終え、次は鳥をと言っています。学校に行く目的が見えないと行けないようで…。至急、宜しくお願い致します。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください