どうってことない街角に、それは美しい枝垂れざくらが…。

郵便局に行く途中、どってことないアパートの角を曲がったところに予想だにしなかった、こんな美しい枝垂れざくらが!(♥。♥;) え、え~っ、こ、こんなところに~っ…、こ、こんな上品なさくらが…。咲き始めの清々しい感じと青空が鮮烈で、ほ、ほんとに電信柱が惜しい!!なにが一番印象深いかというと、人通りも少ないこんなこんな(2度)一角で、凛として気高いものを突然目にしてしまった、ということです。

まあ、お花見とかあまり興味のないわたくしですが、こいでいた自転車を止めてまで3枚も写真撮ってしまいました。広い駐車場の一角にこの木を守るような低木と庭石までも。さりげなく手入れされた低木は、この木の春の姿を知っている人の愛情でしょうか?

唐突なレイアウトでたたずむこのさくらは、前からあったこの木を関係者が意地で残した結果なのか、味気ない駐車場のために配置されたものなのか?…う~ん、謎は深まるばかりです。(^^;;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください