簡単「ペパクラ」のあそびシート4をご紹介します。

「ペパクラ」ってペーパークラフトのことです。この作品は1枚切り抜くだけで、なかなかかわいい恐竜達とヘビ君が出来ます!ぜひ、ぺっちゃんこの恐竜達を3Dにしてみてね!

恐竜の実際の体色は現在でも謎とされてますが、こんな模様の恐竜だったら?と思うとワクワクしませんか?青系の恐竜が目がやさしそうなのでお母さんで、赤系の方が目つきこわいのでお父さん、かな。ヘビに興味深げなのは子どもです。恐竜とヘビが共存していたかどうかはさだかではありませんが~、ペパクラってことでご理解を。(´。`)ゞ

出来上がったものを見るのは簡単ですが、模様一つ描くのも実は「感性総動員」って感じです。4年生男子の作品です、彼らしいオリジナルな感覚に満ちていると思います。

今年最初のカレンダーのご紹介です。

今年最初のカレンダーは6年生男子の作品です。なにげに描いてる風ですが、実際は何枚も下書きしてます。絵ってそういうものです。っていうか、どんなことでもそうかも知れませんが。バランス絶妙。細かく言うと後輪の若干切れたとことか、文字のかすれ具合とか。言葉も強いですし。自分の足で自分の力で駆け抜けて行くんでしょうね。わたくしなんかですと、「今年がかけぬける!」っていう感じですね、今年がどんどん駆け抜けて行ってしまう、みたいな(^^;;)・・・待って~! \\(≧0≦;)

2011年 明けまして おめでとう ございます!

今年もどうぞよろしくお願いいたします。お正月らしく富士山の写真を貼ってみました。実家(夫の)が静岡なもので。走ってる車から携帯のカメラで撮ってます。手前が流れてるけど遠くはけっこうそれなりに写ってるんで、これじゃデジカメいらないかも。頂上は雲がかかってて、なんだかすみません。富士山も毎年のことなので、「あー、富士山ですか~」って感じ。帰省するといつも視界の中にあるんですが、究極のスレンダーシルエットのせいか存在感はあるのに、それでいてしつこくないんですよね。

手作り石鹸で富士山でも作ってみようかな。香りはどうしようかな?お茶とかみかんの香りかな、それじゃ富士山の香りっていうか単なる静岡県の特産物だし。う~ん、う~ん、なんてゆーか、「クールバスクリン」的な?・・・・と、ここでふと思いついたんですが、バスクリン系の粉末で石鹸に香りを付けるってのはどーでしょー。f(^^;;;) 香り付け用の香料は20mlくらいで800円もしますから。・・・・今度作ってみましょう、お楽しみに~(^^;;;)

泣いても笑っても、今年もあと3日・・・なのになんにも済んでな~い。

年賀状とか、掃除とか。それはさておき今日で今年の教室が終了しました。なにやかやと忙しさにかまけて、アップし切れなかった作品達をご紹介しなければ。

まずは、箱庭。上から3年女子、2年男子、3年女子作です。海でのこわ~い一場面。左の方の「手」みたいのは、「カニ」だそうです。

次は「人と生きもの」。螺旋状のヘビと「ラピュタのロボット」みたいな(^^;)人形がかっこいー。いやぁ、このアングル、マジでかっこいーなぁ。・・・すみません、「マジ」とか言っちゃって。  (´-`)ゞ 大きな「サソリ」も、すごー。

 

3枚目の箱庭は、かわいい四角い女の子がいるよ。積み上げた石が遺跡みたい。敷きつめたのは、小動物の敷きわらのおがくずにアクリル絵の具で着色したものです。水色のところは確か温泉という設定だった、かな。

 

 

 

 

 

 

 

 

コロコロ、手作り石鹸作りました。

主にカレンダー描き終えた人とかが、作りました。いつかこれ作ったなぁ、と思い出してみたら5年も前のことでした。それが下の写真です。この時はちょっとナチュラル志向でしたっけ。そういえば5年生の女子が石鹸の中にメッセージを書いたちぢみプラ板、入れてました~(^。^*)、バレンタインのプレゼントにするとかしないとか。

今回はずいぶんとカラフルですね。着色は水彩絵の具を混ぜてます。「手作り石鹸」と言っても一から作るんじゃないから作り方はとっても簡単です。「石鹸素地」というものにお湯と香料と着色剤を入れてよく捏ねます。紙粘土のようになってきますから、あとは好きな形に作るだけ。「石鹸素地」は大宮そごうの2階にある「生活の木」というお店で売ってますよ。そんなに高いもんじゃありません。ハーブを混ぜ込んだりまぶしたりすると日本にはなじみの薄い「ハーブ文化」のオサレな雰囲気が・・・(^^;)

私もこの石鹸でパソコンのキーボードとか作ったりもしました、結局板チョコみたいになっちまいましたがf(´~`)

冬空の下、御徒町をてくてくと。

御徒町に下りたのは初めてです。目的のお店に本当は秋葉原から行くつもりでしたが、ストリートビューとかで調べたら御徒町からの方が近かったみたいなので。なんだかんだ言ってもストリートビューって便利。現地に立つと既視感がすごい、おっ、さっき見たところじゃん!って、初めて来た所なのにね。

で、目当てのお店は「パズルショップ」でした。どってことない街角のマンションの一室、みたいな感じのお店だったけど、さすがに充実してて来た甲斐ありでした。お客は私たった一人で、商品にはうっすらとほこりがかぶってるものもあったし、お店の人もそっけないけど、初めて見る「一生解けそうにないパズル」がなにげなく置いてあったりして、じわじわ収集癖が・・・。ただ今回はそれを横目で睨みつつ、小学生の皆さんでも楽しめそうなものを物色すること1時間あまり。すっかり暗くなってしまいました~(´-`)。う~ん、御徒町界隈の写真でも撮ってくればよかったと少々後悔。・・・という、久しぶりに東京の北風に吹かれて来た今日の出来事でした。

2010年もいよいよ押し詰まって来ました、12月後半カレンダーです。

野球に打ち込んでいる5年生男子の作品です。絵的におもしろいなぁと思うのは、上のグレーのボール。最初はおそらく左下みたいな真っ白なボールだったようです。使い込んだ結果なのか、グラウンドに打ち捨てられていたのかは、はっきりしませんが、奥深いグレーの色調をうまく表現してます。色出しは彼なりに試行錯誤してました。

あと私的に「これ欲しい!!」とさえ思ったのが、上の右から2個目の「やぶれボール」。これ、欲しいです、なんでかなぁ、造形的にヘンな形だし。それと「やぶれボール」・・・いい語感だなぁ(´ー`)。「ヤブレボ」と呼んでみたいです。彼によれば「拾った」そうですが、なかなか目が高いぞ。これを捨てずにいるところに、ボールへの熱い思いが感じられます。新品のボールあり、やぶれボールあり、その時々のボールも彩っておもしろ~い。まるい、というのは美しい形なんだとあらためて思います。

あそびシートの正方形敷き詰めパズルのヒントをこっそりと・・・(^~^;)

みんな「正方形にならな~い」、という声続出なので、ここで大ヒントを(´~`)。切り抜く前の平行四辺形をじっくり見ると、どこかに直角の部分が~(^^;;)。見つかった?ということは~・・・。これは、後で気付いたことですが、私の方の指示で解答のヒントをうっかり書き加わえちゃってました。以前紹介したあそびシートのパズル写真をクリックすると大きく表示されるので、見てみてね。出来た人はコメントくださ~い!(切実)(´。`;;)゛

12月前半のカレンダーです!

レイアウトが超大胆で、ほんとかっこイィー!なんと女子(5年生)の作品です。ここだけの話(^^;)女の子が恐竜を描くことはほとんど無いような。虫系も。だからあえて言うと、こういう感覚を大切にして行って欲しいです。ティラノサウルスのおおらかで率直な表現に目が釘付けです。

自分の好きなものはずっと好きでいてください。好きなものがあるからこそ体は動くわけですから~。 (のu≦)~☆

ここのところ、レインスティック作る人が多かったのでご紹介します。

四季折々のレインスティック、ということで冬らしく毛糸巻きました~。あったかそ~。・・・レインスティックがあったかくてどうなのよ、っていう話ですが、冬だし、いいんじゃないかと。右のには玄米入ってます。フツーはお米や小豆を入れます。ヘンなものも入れてみようかな。どんな音になるかな~   (´v`)

ほかにもこんな感じ↓です。爪楊枝刺すのと毛糸巻くのがチョー楽しい、はず。作ってない人はぜひ作ってみよ~。